企業案内company

画像:関門海峡

暮らしを支え、社会を支える。私たちはエネルギー物流の明日をサポートいたします。

大東タンクターミナル株式会社は、1953年の営業開始以来、安定した石油供給に努めてまいりました。
国内外よりタンカーで運ばれた石油は、当社の六連油槽所のような拠点に備蓄され、お客様の元まで運ばれます。
このようにタンクターミナルは、エネルギー物流の拠点として、重要な位置を占めています。

ごあいさつ

製品の「質」と「量」

当社六連油槽所が営業を始めた1953年から今日まで、タンク、桟橋或いは入出荷設備の増強を図りながら営業を続けており、現在は、容量176,000KL、出荷能力の合計が4,500KL/Hとなりました。
油槽所の役割は、石油製品の物流拠点として、国内外から搬入された製品を一旦貯蔵したうえで再び搬出することであり、容量や出荷能力はもちろん大きい方が良いのですが、当社が一番大切にしているのは、製品の「質」と「量」を守るということです。
お客様からお預かりした製品をそのままの品質、量でお返しするという当たり前のことを真面目に実行することでお客様とのパートナーシップを築いていきたいと考えております。
皆さまには、一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

大東タンクターミナル株式会社
代表取締役社長 島村 剛史

会社概要

名称 大東タンクターミナル株式会社
本社 山口県下関市大和町一丁目16番1号下関漁港ビル
TEL:083-261-5600
FAX:083-267-7772
設立年月日 2019年2月13日
資本金 10,000,000円
株主 大東通商株式会社
役員 代表取締役社長  島村 剛史
取締役会長    中澤 敏浩
常務取締役    池田 龍也
取締役      大田 康弘
取締役      中部 由郎
取締役      阿久沢 康夫
監査役      高田 和武
従業員数 28名(2022年4月現在)
主な取引銀行 山口銀行
油槽所 六連油槽所
山口県下関市六連島郷ノ浦
TEL:083(266)4241 FAX:083(266)4993

沿革

1941年 林兼商店(現マルハニチロ)により六連島に鯨油用タンク建設
1951年 日新タンカー㈱が設立し六連油槽所を所有
1953年 No.1,2,3,4,5タンク(3,000KL×5基)で油槽所業務を開始
重油の輸入及びバンカー基地として稼働
1961年 No.8タンク(5,000KL)、No.9タンク(300KL)を建設
1963年 No.10,11タンク(16,500KL×2基)を建設
1965年 No.12タンク(12,600KL)、No.15タンク(16,500KL)を建設
1966年 1号桟橋を延伸
1971年 No.16,17,18,19タンク(7,900KL×4基)を建設
1974年 前面海域を埋め立て、No.20,21,22,23タンク(15,500KL×4基)を建設
2号、3号桟橋を建設
事務所、ボイラー室を建築
分析室設置
1976年 1号桟橋をドルフィン桟橋に変更
1977年 放水銃21基設置
1979年 No.15タンク油種変更工事
高所放水塔1基設置
1980年 出荷増強工事、大型ポンプ3台を増設
1号桟橋陸側を埋め立て、防止堤設置
1981年 高所放水塔2基、水幕設備設置
1984年 No.12タンク油種変更工事
1991年 No.10,11,18,20タンク油種変更工事
1992年 1号桟橋改修工事
1995年 緊急遮断弁設置工事
1996年 液面計設備更新工事
1997年 タンク主弁自動化工事
2000年 No.23タンク油種変更工事
2001年 No.22タンク油種変更工事
2002年 No.19タンク油種変更工事
2003年 No.17,21タンク油種変更工事
2004年 No.16タンク油種変更工事
2008年 大東タンクターミナルと合併
2010年 No.3タンク保温材設置
2011年 No.4,5タンク保温材設置
2013年 No.1タンク保温材設置
2014年 No.2タンク保温材設置
2015年 No.22,23タンク保温材,ポンプ及び専用配管設置
2015年 1号桟橋改修工事
2018年 No.8タンク保温材設置